記事一覧

シングルモルト バッチ17.25

「インプレッシブカスク ウィリアムソン2010 63.9°」日本のボトラーズ ウィスク・イーの「ウイリアムソン」です。最近ちょいちょい登場するウイリアムソン、ラフロイグの女蒸留所所長「ベッシー・ウイリアムソン」の事ですので、ラフのヤング・シングルカスクストレングス(相変わらずラフのショートエイジは度数が高い・・・・)ですね。安くてすぐに売り切れます。これも同じウィスク・イーのオーシャンズのウイリアムソン同...

続きを読む

シングルモルト バッチ17.24

「ビッグベイビー カリラ7年 2009 60.2°」モリソン&マッカイのビッグベイビー、カリラで2本目。以前のは2008年で59.7°、スルスル飲んでしましましたが、最後の方で花開いていた記憶があります。このシリーズ・・・カリラで続くのでしょうか。今回のは大切のいただくことにいたしましょう。[シングルカスク、カスクストレングスでボトリングした 7年熟成。香りは非常にフレッシュ。消えかかった焚き火の煙と共に、レモンを絞...

続きを読む

瑞泉 赤ラベル

「瑞泉 赤ラベル 瓶 25°」見慣れない瑞泉がありましたので購入。県外流通品のようですね。当然のごとく一晩で開けてしまいました。ごちそうさま。[泡盛ならではの黒麹・全麹仕込みによるしっかりとした味わいを醸しています。泡盛が持つ独特の風味と上質のまろやかな味わいが特長です。]...

続きを読む

新装開店?

「ザ・フェイマスグラウス スモーキーブラック 40°」見たことのないボトルが売っていましたので購入、「ザ・ブラック グラウスじゃないのか?フレーバーではないんだろうな??」と訝っていましたが、名前が変更になったようです。[「ザ・フェイマスグラウス スモーキーブラック」は、現行の「ザ・ブラックグラウス」と同じく、リッチでスモーキーな味わいのブレンデッドウイスキーです。ピーテッド・モルトのアロマをより感じら...

続きを読む

七面鳥

「ワイルドターキー8年 50.5°」我が家の定番、ハイボールでも重宝します。当然1リットルを購入し、レアブリードの残りとソレラして味わいを高めます。ピンピンとした樽感が抜ければ、大変美味しく味わえます。[高いアルコール度数にもかかわらず、例外的に繊細な味わいを持つ8年熟成のプレミアムバーボン。その深い琥珀色は、「クロコダイルスキン」と呼ばれる、最も深く内側を焦がされたオーク樽からの恩恵。強烈なインパクト...

続きを読む

シングルモルト バッチ17.23

「トマーティン カスクストレングス バーボン&シェリーカスク 57.5°」オフィシャルのトマーチンのカスクストレングスです。国内では国分が販売、これは平行品ですので国内オフィシャルより3千円ほど安い買い物です。国分のオフィシャルのカスクストレングスと言えば、以前普通の赤いボトルを購入、全く見かけることもなくネットでも評価は1件だけ。さっさと開封してしまいましたが、ちゃんと開花してフルーティーな味わいに...

続きを読む

オールドパース カスクストレングス No.1

「オールドパース カスクストレングス No.1 リミテッドエディション 59.7°」モリソン&マッカイのブレンデッド・モルトのカスクストレングス版。こいつが欲しくて前出の2本もついで入手致しました。そうなんです・・・・基本カスクストレングス馬鹿なのです。40度台では物足りなくて、50度以上が満足のレベルなのです。体を切ると50度以上のモルトがあふれ出し、火がつきます。昔はあふれ出すのは日本酒でしたが・・・・...

続きを読む

オールドパース ピーティ

「オールドパース ピーティ 43°」ノーマルのオールドパースは少し物足りない感じで、やはりピーティーさが足りないのが原因かと。バッティング・モルトと言うこともあり。開花するまで時間がかかりそうです。こいつは端からピーティーさが味わえるので満足できるかも知れません。何処のピーティーなモルトを使用してるやら。[オールドパース ピーティはアイラモルトを彷彿させるピーティな香りと味わいが特徴の非常にバランスの...

続きを読む

オールドパース ブレンデッドモルト

「オールドパース ブレンデッドモルト 43°」モリソン&マッカイのバッティング・モルト。グレーンは使用されていませんので純粋にモルトだけ。コスパの良いボトルですがこの手は開花するのが遅くて・・・・・開く前に飲み干してしまいそうです。[オールドパースは、ブレンダーからの圧倒的な支持を受けるスペイサイドを代表するトップドレッシング「オルトモア」、「モートラック」他、厳選したモルトウイスキーをバランス良く...

続きを読む

最&高 - きゃりーぱみゅぱみゅ

12枚目のシングル、「さいあんどこう」と読むらしいのですよ。なんと発表されたのがほぼ1年前なのですね。(4/20) ベスト盤とかベストクリップ集だとか企画物が世間をにぎわせていましたし・・・そう言えば「いやほい」も一応シングルでしたか・・・何だかねぇ・・・1. 最&高2. コスメティックコースター3. もんだいガール -extended mix- 4. 最&高 -instrumental- 5. コスメティックコースター -instrumental- 1曲目 サビ...

続きを読む

シングルモルト バッチ17.22

「ダルリンプル 2010年 68.8%」日本のボトラーズ・輸入代理店ウィスクイーのスノーフレーク第5弾、グレンフィディック一族が経営しているグレーンのカヴァーン蒸留所のモルトと言えば「レディバーン」と言う幻のモルトがありますが、、これは最近出来た「アイルサベイ」のティースプーン・モルトと言うことですね。この一族のモルトは全て名前の仕様が難しいので、ティースプーン・モルトが多い。[日本にほとんど入ってきて...

続きを読む

シングルモルト バッチ17.21

「トマーティン2007 8年 60.0% 」老舗ボトラーズ ゴードン&マクファイルのトマーチン、最近ショートエイジのトマーチンがいくつか出てきていますが、以前購入したオフィシャルのカスクストレングスも時間がかかりましたが、フルーティーに開花しています。このボトルも楽しみですね。福山にいた時にはトマーチンは我が家の定番酒だったのに・・・・全国的に見ると意外とメジャーではない??あんなにポットスチルを保有して...

続きを読む

シングルモルト バッチ17.20

「スコッチユニバース ペガサスⅠ [2009] 1stフィルポートワインバリック 78°P.7.1' 1972.5" TS 53.8°」スコッチユニバースという新鋭のボトラーズのシークレットボトル。ただし、コード(PEGASUS I [2009]FIRST FILL PORT WINE BARRIQUE 78°P.7.1' 1972.5" TS )にヒントが隠されているという手の懲りよう。ヒントは別にして「アイランズピーテッド」と言えばレダイグですね。レダイグのポートワイン・フィニッシュは興味深い。...

続きを読む

シングルモルト バッチ17.19

「デュワーラトレー グレントファース 2009 7年 バーボンカスク 62.1°」久しぶりのデュワーラトレー、以前も同じボトラーズで同じグレントファースを購入し、スルスルスルスルと開く前に飲んでしまいましたが、今回のはしっかりと味わうことにいたしましょう。[香りはフローラルでモルトとアルコールの甘み、少しグレープヨーグルト、ボディはシャープなモルトからフローラルな甘みで奥にクローブ、フィニッシュはホット...

続きを読む

シングルモルト バッチ17.18

「タイム・シリーズ グレンマレイ 8年 57.8%」ザ・ウイスキー・エクスチェンジのタイム・シリーズ、グレンマレイのカスクストレングス物は初めてですね。オフィシャルのシングルモルトは飲み易すぎて美味しいのですが物足りない、これは期待大です。[ザ・ウイスキー・エクスチェンジの新シリーズ「TIME SERIES」が、限定24本のみ国内入荷! 第3弾となるのは、根強いファンの多いスペイサイドの「グレンマレイ」。バニラやトフ...

続きを読む

シングルモルト バッチ17.17

「ジェームズ マッカーサー OLD MASTERS グレングラント19年 1992 #35955 59.4°」初ジェームズ・マッカーサーです。リーズナブルなボトラーズ、19年のグレングラントで8千円とは大変お値打ちです。[ジェームス・マッカーサー社は、スコットランドのあまり知られていない蒸留所の樽出しのウイスキーをもっと多くの消費者に知ってもらうことを大きな目的として、1982年に創業。現在でもこのポリシーを基本としているが、...

続きを読む

シングルモルト バッチ17.16

「シングルモルト駒ケ岳 ネイチャーオブ信州 小彼岸桜 52%」マルスのウイスキーはブレンドを何回か飲んだことがありますが、シングルモルトは初ですね。ネイチャーオブ信州第2弾。秒殺が続いている国内蒸留所のカスクストレングス物の割にはまだまだ在庫がありそうです。いつの間にかイチローもマルスも手が届かない存在となってしまいました。[“シングルモルト駒ヶ岳 ネイチャーオブ信州”は、若く躍動感のあるモルト原酒を主...

続きを読む

アニョー・ルージュ 2014

「アニョー・ルージュ 2014」ブドウ品種:メルロー65%、カベルネ・ソーヴィニヨン25%、カベルネ・フラン10%季節の変わり目は何時もそうなのですが・・・桜も咲き始めていますのでワインが飲みたくなりました。コンビニでも手に入る5本矢印のロスチャイルド系列・・・・見たことがなかったのですが。なんとムートン・カデでお世話になっている「バロン・フィリップ・ド・ロートシルト」が「アニョー(仔羊)」を出してきまし...

続きを読む

シングルモルト バッチ17.15

「エレメンツ オブ アイラ Peat 59.3° ブレンデッドモルト」即出追加注文第3弾。これも半分程度消費してから、一番美味しい状態で手渡したボトル。故に追加で注文です。強烈な印象はカリラを思い浮かべるのですが、それならば「エレメンツ・オブ・アイラ Cl9」とでも表記されるはず。ブレンドというかバッティング・モルトと想像し、「モンニャ」をベースにカリラを調合・・・・なんてね。[島物ウイスキーに期待するすべて...

続きを読む

シングルモルト バッチ17.14

「ポートアスケイグ 100プルーフ 57.1°」即出追加注文第2弾。これもストックしていたボトルを餞別に手渡したため、追加注文です。飲んだ時の印象は実に強烈、間違いなく「カリラ」でしょうね。[スペシャル・ドリンクス社・スキンダー・シン氏が、完璧なバランスで表現したポートアスケイグ。 蒸留所はアイラ海峡に面しており、蒸留所の名前はゲール語でのこの海峡の呼び方に由来しています。 ノンチル・フィルタード、ノーカラ...

続きを読む