FC2ブログ

記事一覧

シングルモルト バッチ18.35

「カバリュス ハイランドパーク 11年 2007 62.8°」第2弾ですが、最初のシリーズ名「エクウス」は版権か何やらの関係で使用できなくなっています。GM以外では中々出回らないハイランドパークのカスクストレングス物、かなり期待してしまいます。[「カバリュス」は、お酒と共に昔から人類と密接な関係のある“馬(学名: エクウス・カバリュス)”のように力強く躍動感ある様々な表情を見せる ウイスキーをボトルに詰めたシリ...

続きを読む

シングルモルト バッチ18.34

「グレンアラヒ 10年 カスクストレングス バッチ1  57.1°」グレンアラヒのオフィシャルシングルモルトが発売されました、そしてラインナップにはカスクストレングスもしっかりと。ボトラーズではお世話になっている蒸留所ですので、オフィシャルで気軽に手にはいるのは大変嬉しいことですね。[グレンアラヒ10年 カスクストレングスは馥郁とした香りと逞しく厚みの あるボディが楽しめるバッチリリースのカスクストレングスボト...

続きを読む

シングルモルト バッチ18.33

「カバラン ディスティラリーセレクト 40°」台湾ウイスキー「カバラン」の低価格帯ウイスキーが発売されました。人気に人気を重ね、元々高額設定であった価格が鰻登りになっているカバラン。個人的には興味の有りそうな蒸留所ではなかったので気にはしていませんでしたが、異常な人気は少し気にはなっていました。もの凄い落差の価格帯(危険だ・・・)で今回発売されていたので話の種に求めました。知らない国内業者が取り扱っ...

続きを読む

シングルモルト バッチ18.32

「ケイデンヘッド・スペイバーン2008/9年 55.6度」ヴィクトリア女王の在位60年の1897年に、処刑所の跡地に建てらたスペイサイドのローゼス地区の蒸留所ですが、昔オフィシャルを飲んだ記憶はあります。少し色々と幅を広げようと、試飲的な感覚で購入。[香り:若草、みかん、スペアミント、海藻、パイナップルキャンディ 味:蜜蝋、ウッド、バナナ、パイナップル]...

続きを読む

シングルモルト バッチ18.31

「ADラトレー・グレンアラヒー 2012/5年 65.8度」グレンアラヒーは何度も飲んでいるはずですが、印象がありません。65.8°??・・・ハイプルーフ・・・・火がつきます・・・[グレンアラヒー2012 5年は強烈なインパクト!ヘビーなカラーのシェリーカスクにハイプルーフ、ヤングモルトなので価格はリーズナブル、ボトラーズならではのテイストのふり幅とこの個性を楽しんでください!香りは酸味あるレーズン、赤ワイ...

続きを読む

シングルモルト バッチ18.30

「ケイデンヘッド・オスロスク2006/12年 46度」ケイデンヘッドの丸瓶は2回目(過去にブレンデットを1回購入)ですね。加水のオスロスク、最近在庫を積極的に消費していますので、「買い」は薄い状況が続きます。今回も普段飲みの普段飲んだことのない蒸留所を補充。[香り:フレッシュなレモングラス、ポリッジ、トフィー、バニラ味:グレープフルーツジュース、パイナップル、塩キャラメル]北海道地震のブラックアウト...

続きを読む

シングルモルト バッチ18.29

「ウィリアムソン 2011 6年 59.6°」ドイツのイースピリッツ・トレーディング社オリジナル・シリーズ『リキッド・トレジャーズ  昆虫学シリーズ』のウィリアムソンです。ティースプーンなのか?ラフロイグの名称が使用できないだけなのか? ボトルのラベルが何となくウィスキーエージェンシーの様なのが気にはなりますが。最近結構ウィリアムソンが・・・溜まります。[Williamson 6 yo 2011/2018 (59.6%, Liquid Treasure...

続きを読む

シングルモルト バッチ18.28

「グレンスペイ 2001 16年 54.0°」お馴染みケイデンヘッド スモールバッチのグレンスペイです。初スペイ??かなりマイナーな蒸留所ですが、「リンゴ」が期待できるみたいですので楽しみです。【Speyside Single Malt Scotch Whisky / Cask Type : 3 Bourbon Hogsheads / No of Bottles : 858】[ケイデンヘッドは1842年アバディーンに創業したスコットランド最古のインディペンデント・ボトラーです。100年に渡り、創業...

続きを読む

シングルモルト バッチ18.27

「ボウモア No.1 40°」新たなボウモアの通年商品です。「シェリーカスク マチュアード 」が結構面白いボトルだったし、コメントを読む限り期待してしまいますが、この値段と度数ではそれは無理かなと。カスクストレングス物がボトラーズでもほとんどでない状態で2000年中盤から後半当たりの物も全くと言っていいほど見かけません。サントリーの商法ではカスクストレングスなどはテンペストで十分(正規品はまだあるのか?)と...

続きを読む

シングルモルト バッチ18.26

「ニッカ シングルモルト 余市 シェリー&スイート 500ml 55°」後志を走り回ったのでついでに余市によって参りました。当然目的は「ニッカ」でシェリー、「柿崎商店」でウニ丼(嫁が)、「南保留太郎商店」で薫製(小樽駅でも売っていましたが・・・)。何回目のニッカ余市でしょうか、施設は一切見ずに(唯一見たかった蒸留棟は外壁を工事中で近寄れませんでした・・・)ウィスキーだけを求めましたが、酒類もグッズも何と...

続きを読む

シングルモルト バッチ18.25

「キルケラン8年カスクストレングス 55.7°」ミッチェルズ グレンガイルのキルケラン、球数の少ないキャンベルタウンのモルト、その中でも特に少ないキルケランの超少ないカスクストレングス物。以前求めた物も同じバーボンカスク、シェリーカスクは買い逃していますので、今後登場することを期待して待ちましょう。(逃さない様に)[キルケラン 8年 カスクストレングスはバーボン樽の8年熟成で、カスクストレングスボトリング。...

続きを読む

シングルモルト バッチ18.24

「ウルフバーン オーロラ 46°」復活した北ハイランドにある今話題のウルフバーン、まずは加水のオーロラら試します。(いつもなら絶対にカスクストレングスなのに・・・・)[メインランド最北端、北ハイランドの新蒸留所「ウルフバーン」「ウルフバーン オーロラ」。わずか3年でありなが ら上質な滑らかさを持つこのウイスキーは、1stフィルのアメリ カンオークのEXバーボン樽と、1stフィルのオロロソ・シェリー・ホッグスヘッ...

続きを読む

シングルモルト バッチ18.23

「ウイスキートレイル ナイト クライヌリッシュ 8年 2010 59.4°」ウイスキートレイルのクライヌリッシュです。見たこともないショートエイジのクライヌリッシュ、カスクストレングス物はボトラーズでも15000円が入手可能平均ライン、8800円程度でショートエイジとは言えクライヌリッシュが手にはいるなんて!!!・・・・・2本も入手しちゃいました。たまには良いでしょう・・・これからもショートエイジのクラ...

続きを読む

シングルモルト バッチ18.22

「アードモア7年 ラフロイグバレルY'sカスク 60°」同じくリカーマウンテンのオリジナル、ラフロイグ・カスク・フィニッシュのアードモア。アードモアは意外とマイナーですが美味しいモルトですので、少し期待が持てますね。[ハイランドでは珍しい、主にピート麦芽を使用したスモーキーでピーティーな風味が特徴です。通常の熟成後、ラフロイグの樽で後熟しボトリングを行いました。グラスに鼻を近づけると、桃やいちごのフルーツ...

続きを読む

シングルモルト バッチ18.21

「ザ・ヴォルト グレンギリー2008年 9年 Y'sカスク 57.2°」「銀座777」と言う店舗を開設したり、「ウイスキーくじ」と言う胡散臭い事をやっているリカーマウンテンのオリジナルカスクです。何本かオリジナル・ボトルがあるようですが、取りあえずグレンギリーはボトラーでも少ないので入手。味の解説はありません。              グレンギリーはボトラーズでもそんなに見かけない蒸留所で、その味わいは好みのモ...

続きを読む

シングルモルト バッチ18.20

「ティーニニック2006 11年  55.2°」ケイデンヘッドのスモールバッチ・シリーズのティーニニックです。以前一度フクロウラベルのボトルを入手したことがありますが、味の記憶は一切ありません。あのシリーズはあっさりとし過ぎていて全てのボトルがあっと言う間に空になった記憶しかありません。とてもマイナーな蒸留所で一部のブレンドに使用されていますが、シングルモルトはほとんど見あたりません。今後日の目を見るこ...

続きを読む

シングルモルト バッチ18.19

「カリラ2009 8年 58.8°」と言うわけでもないのですが、コスパの良いカリラです。ウィスク・イーの「エクウス」と言うシリーズですが、続編はあるのか。リーズナブルなのでほぼ完売状態でしたが何とか入手。それにしてもカリラとアランが増えるなぁ・・・[ウィスク・イーの最新シリーズ『エクウス』第1弾お酒と共に昔から人類と密接な関係のあるエクウス(馬の学名)をラベルに配した新シリーズ。『エクウス』は馬のように...

続きを読む

シングルモルト バッチ18.18

「オルトモア1997 20年 51.8°」ケイデンヘッドのスモールバッチ・シリーズのオルトモアです。20年にしてはお値打ち価格のケイデンヘッド、最近気になるオルトモアを揃えていこうかなと考えています。「脱カリラ・脱アラン!!」  無理だろうな、コスパが違いすぎる。[1842年、スコットランド第3の都市アバディーンにワインとウイスキーのエージェントとして創業したスコットランド最古のインディペンデント・ボトラー...

続きを読む

さっぽろ焼酎

「さっぽろ焼酎20% 2L紙パック 甲類焼酎 アルコール度数20% 85×85×320mm 1.9kg」札幌のアル中を一手に引き受けている合同酒精のシンプルラベルの焼酎です。取っての付いた4リッターペットボトルも存在感ありますが、ディバックに気軽に入る2リッター紙パック。マックス・バリューで買いましたが、この手の物を購入する時は、買い物カゴの中にどっかりと立っている焼酎をカートで押しながら、オッサン連中の好意的な眼差し...

続きを読む

いつまで続くのか

「ブラックニッカリッチブレンド エクストラシェリー 43°」またまた気が付けば発売されていました。ニッカ数量限定第4弾、今回はリッチブレンドのエクストラバージョンですね。シェリーモルトをふんだんに使用したスペシャル版と言うことでしょう。取りあえず2本。ただし私は箱買いをしようという気はありません、所詮箱で買ってもあっと言う間に飲み干してしまうのでしょうから。それにしてもニッカのこのシリーズ、いつまで...

続きを読む