記事一覧

山桜 55

「山桜55 YAMAZAKURA ノンチルフィルタード 55°」笹の川酒造が作っているウイスキーですが、ネット上の情報がほとんどオークションサイトで情報が入手できません。イオンリカーで入手しましたが、現在流通しているボトルではないようですね。謎だ・・・・...

続きを読む

「重畳」とはお目出たい言葉

「ハギースパーク重畳」大和葡萄酒のスパークリングワインです。暑くなってきて色々カヴァを仕入れ始めていますが、近場で手にはいるのはお馴染みの定番ばかり。そんな状況の中で日本のスパークリングの種類が増えつつあります。この大和葡萄酒も一升瓶ワインブームの時にお世話になったワイナリーですが、スパークリングの品揃えも豊富です。カヴァも下火だし(近場で手に入らない)今後は国産スパークリングの道を突き進むのかな...

続きを読む

シングルモルト バッチ17.31

「インプレッシブカスク カリラ2008 8年 59.0°」日本のボトラーズ「ウィスク・イー」のインプレッシブカスク・シリーズのカリラです。このシリーズはラベルの佇まいが大好きで、価格もリーズナブルなボトルが多く、今回は2本購入。若いカリラは旨いからなぁ!!![インプレッシブカスクは「印象的で感動を与えるウイスキー」をテーマとしたウィスク・イーのオリジナルシリーズです。 カリラ蒸溜所は1846年設立のアイラ島にあ...

続きを読む

シングルモルト バッチ17.30

「インプレッシブカスク ウィリアムソン2010 63.9°」ラフロイグの在庫を確保するためまだ手に入るウィリアムソンを購入、2本目です。お手軽価格のラフはなかなか手でこないからなぁ・・・・[インプレッシブカスクは「印象的で感動を与えるウイスキー」をテーマとしたウィスク・イーの オリジナルシリーズです。ウィリアムソン2010はアイラ島南部のある蒸溜所のシングルモルトで、ホグスヘッドの6年熟成。シングルカスク、カス...

続きを読む

シングルモルト バッチ17.29

「ダンカンテイラー オクタブ トマーティン [2009] 6年 #689878 53.9°」最近入手の機会が多い大好きなトマーティン、ただしショートエイジのオクタブは・・・危険な香りがプンプンとしますが・・・同じ熟成年で「54.8°」バージョンも存在しますので、価格も手ごろですのでそのうちに押さえることにいたしましょう。オクタブもボトルデザインが変わりましたね、ちょっと見犬の足跡の様な感じがしましたが、まあまあかな・・...

続きを読む

シングルモルト バッチ17.28

「ウィームス スパイスキング バッチストレングス001 56.0°」ウィームスのボトルと言えば、テイストの特徴を簡単なキャッチコピーとしてラベルに記載しているので有名ですが、ついにカスク・ストレングスレベルのボトルが登場致しました。しかしブレンド(バッティングのようですが)・・・・当然シングルカスクであればこのボトラーズの場合15Kは軽く越えることでしょう。加水で通して来ましたが、今後の動向は少し興味があ...

続きを読む

シングルモルト バッチ17.27

「ウィームス ハイブ バッチストレングス001 54.5°」ウィームス家はエジンバラ近郊にあるウィームス城の城主で600年以上続くエジンバラの名家、2005年にボトラーを設立し数々のシングルカスクを出していますが、加水で決してコスパがよいとは言えないので、バーで頂く程度のお付き合いでした。ブレンドは何回か購入して飲んでいますが、余り記憶に残っていません。(あっと言う間に飲み干してしまうからでしょう・・・・)...

続きを読む

シングルモルト バッチ17.26

シングルモルトではないのですが・・・・・味わいのクラス的には・・・「ウィームス ピートチムニー バッチストレングス001 57°」ウィームスは何度かバーで飲んだ記憶はあるのですが、あまり印象には残っていません。このボトラーズは長い間ワイン商を営んでいたと言うことで品質には自信があるのでしょうね。加水のシングルカスクで勝負し続けてきたのも、他のボトラーズとはボトルに対する方向性・考え方が違っていました。し...

続きを読む

ニッカの戦略

「ブラックニッカ クロスオーバー 43°」「ブラックニッカ ブレンダーズスピリット」に続く限定第2弾「クロスオーバー」。ブレンダーズスピリットは初めての試みであったためか結構早い段階で品切れになっていましたが、補充2回目の出荷分がまだ細々と売られています。今回のボトルはどんな感じなのでしょうか。限定品ですので、時がたてば手に入らなくなるわけですが、この戦略は気に入っています。限定で味にこだわっていただ...

続きを読む

シングルモルト バッチ17.25

「インプレッシブカスク ウィリアムソン2010 63.9°」日本のボトラーズ ウィスク・イーの「ウイリアムソン」です。最近ちょいちょい登場するウイリアムソン、ラフロイグの女性蒸留所所長「ベッシー・ウイリアムソン」の事ですので、ラフのヤング・シングルカスクストレングス(相変わらずラフのショートエイジは度数が高い・・・・)ですね。安くてすぐに売り切れます。これも同じウィスク・イーのオーシャンズのウイリアムソン...

続きを読む

シングルモルト バッチ17.24

「ビッグベイビー カリラ7年 2009 60.2°」モリソン&マッカイのビッグベイビー、カリラで2本目。以前のは2008年で59.7°、スルスル飲んでしましましたが、最後の方で花開いていた記憶があります。このシリーズ・・・カリラで続くのでしょうか。今回のは大切のいただくことにいたしましょう。[シングルカスク、カスクストレングスでボトリングした 7年熟成。香りは非常にフレッシュ。消えかかった焚き火の煙と共に、レモンを絞...

続きを読む

瑞泉 赤ラベル

「瑞泉 赤ラベル 瓶 25°」見慣れない瑞泉がありましたので購入。県外流通品のようですね。当然のごとく一晩で開けてしまいました。ごちそうさま。[泡盛ならではの黒麹・全麹仕込みによるしっかりとした味わいを醸しています。泡盛が持つ独特の風味と上質のまろやかな味わいが特長です。]...

続きを読む

新装開店?

「ザ・フェイマスグラウス スモーキーブラック 40°」見たことのないボトルが売っていましたので購入、「ザ・ブラック グラウスじゃないのか?フレーバーではないんだろうな??」と訝っていましたが、名前が変更になったようです。[「ザ・フェイマスグラウス スモーキーブラック」は、現行の「ザ・ブラックグラウス」と同じく、リッチでスモーキーな味わいのブレンデッドウイスキーです。ピーテッド・モルトのアロマをより感じら...

続きを読む

七面鳥

「ワイルドターキー8年 50.5°」我が家の定番、ハイボールでも重宝します。当然1リットルを購入し、レアブリードの残りとソレラして味わいを高めます。ピンピンとした樽感が抜ければ、大変美味しく味わえます。[高いアルコール度数にもかかわらず、例外的に繊細な味わいを持つ8年熟成のプレミアムバーボン。その深い琥珀色は、「クロコダイルスキン」と呼ばれる、最も深く内側を焦がされたオーク樽からの恩恵。強烈なインパクト...

続きを読む

シングルモルト バッチ17.23

「トマーティン カスクストレングス バーボン&シェリーカスク 57.5°」オフィシャルのトマーチンのカスクストレングスです。国内では国分が販売、これは平行品ですので国内オフィシャルより3千円ほど安い買い物です。国分のオフィシャルのカスクストレングスと言えば、以前普通の赤いボトルを購入、全く見かけることもなくネットでも評価は1件だけ。さっさと開封してしまいましたが、ちゃんと開花してフルーティーな味わいに...

続きを読む

オールドパース カスクストレングス No.1

「オールドパース カスクストレングス No.1 リミテッドエディション 59.7°」モリソン&マッカイのブレンデッド・モルトのカスクストレングス版。こいつが欲しくて前出の2本もついで入手致しました。そうなんです・・・・基本カスクストレングス馬鹿なのです。40度台では物足りなくて、50度以上が満足のレベルなのです。体を切ると50度以上のモルトがあふれ出し、火がつきます。昔はあふれ出すのは日本酒でしたが・・・・...

続きを読む

オールドパース ピーティ

「オールドパース ピーティ 43°」ノーマルのオールドパースは少し物足りない感じで、やはりピーティーさが足りないのが原因かと。バッティング・モルトと言うこともあり。開花するまで時間がかかりそうです。こいつは端からピーティーさが味わえるので満足できるかも知れません。何処のピーティーなモルトを使用してるやら。[オールドパース ピーティはアイラモルトを彷彿させるピーティな香りと味わいが特徴の非常にバランスの...

続きを読む

オールドパース ブレンデッドモルト

「オールドパース ブレンデッドモルト 43°」モリソン&マッカイのバッティング・モルト。グレーンは使用されていませんので純粋にモルトだけ。コスパの良いボトルですがこの手は開花するのが遅くて・・・・・開く前に飲み干してしまいそうです。[オールドパースは、ブレンダーからの圧倒的な支持を受けるスペイサイドを代表するトップドレッシング「オルトモア」、「モートラック」他、厳選したモルトウイスキーをバランス良く...

続きを読む

最&高 - きゃりーぱみゅぱみゅ

12枚目のシングル、「さいあんどこう」と読むらしいのですよ。なんと発表されたのがほぼ1年前なのですね。(4/20) ベスト盤とかベストクリップ集だとか企画物が世間をにぎわせていましたし・・・そう言えば「いやほい」も一応シングルでしたか・・・何だかねぇ・・・1. 最&高2. コスメティックコースター3. もんだいガール -extended mix- 4. 最&高 -instrumental- 5. コスメティックコースター -instrumental- 1曲目 サビ...

続きを読む

シングルモルト バッチ17.22

「ダルリンプル 2010年 68.8%」日本のボトラーズ・輸入代理店ウィスクイーのスノーフレーク第5弾、グレンフィディック一族が経営しているグレーンのカヴァーン蒸留所のモルトと言えば「レディバーン」と言う幻のモルトがありますが、、これは最近出来た「アイルサベイ」のティースプーン・モルトと言うことですね。この一族のモルトは全て名前の仕様が難しいので、ティースプーン・モルトが多い。[日本にほとんど入ってきて...

続きを読む