記事一覧

シングルモルト バッチ12.45

「ストラスアイラ 1997 18年 56.9%」ケイデンヘッドのストラトアイラ、ボトラーズではG&M以外では余り見かけない蒸留所です。「おっ!ストラトアイラの黒ケイデンヘッドか!」と少しだけボヤッとしていたらほとんどのサイトで売り切れていました。はたして林檎が楽しめるでしょうか。[香り:チェリージャム、焼きたてのチョコレートブラウニー、砂糖漬けのオレンジピール、ミントのアクセント。味:オイリー、甘みた...

続きを読む

ブラン・ドール

「ブラン・ドール・セミセコ」 セグラヴューダス傘下のワイナリーで造られる「カヴァ」ではなくただのスパークリング?葡萄はマカベオ、チャレロ、セミセコなので甘いのでしょうね。[軽やかな泡立ち、フルーティな甘味と酸味のバランスが心地よく、お手軽なやや甘口のスパークリングワインです。]そろそろ泡もつらい季節になった来ましたが、暖房をがんがんたいて楽しむ事にいたしましょう。...

続きを読む

黒白波

「黒白波 25°900ml」と言う事で、一気に寒くなったので・・・時には焼酎のお湯割り。飲んだ事のない黒麹の白波。ノーマルの白波は昔々大変お世話になりましたが、「黒霧島」に対抗した「黒白波」は如何な物でしょうか。[口に含んだ瞬間、ほんのりとした甘みが広がり、芳醇で爽やかな香りの余韻が楽しめます。ほの甘く、香り立つ。進化した旨さをご堪能ください。]...

続きを読む

瑞泉

「瑞泉30度 3合瓶」首里三箇のひとつとして創業した歴史ある酒造所「瑞泉酒造」。沖縄細大の貯蔵量を誇る。製品の中には数々の賞を受賞している泡盛も多数。海外への出荷もなされているほど人気。定番の泡盛で大変お世話になっている銘柄、スッキリとした酒質が好印象です。が、ロックで泡盛を楽しむ夏も終わってしまいました・・・お湯でもいけるのかな・・[まろやかで飲みやすい淡麗タイプの瑞泉30度。味もデザインも発売...

続きを読む

シングルモルト バッチ12.44

「アンノック ブラス(anCnoc Blas)54°」ノックデュー蒸溜所の「アンノック」、元々はノックデューだったのですが、他に紛らわしい名前のウイスキー名(ノッカンドゥ)があったので改名、ヘイグの原酒、デザイナー「ピーター・アークル」とのコラボが相変わらず続いているようです。今回カスクストレングス・タイプが登場、取り扱いサイトの少ないモルトですが、たまには河内屋ものぞいてみる物ですね。[色:ゴールデンハニー。...

続きを読む

シングルモルト バッチ12.43

「アラン10年2005 バーボン #542 53.1°」アランのプライベート・カスクは人気があり、今回発売の2本は価格もリーズナブルで即完売サイトが目白押し。ピーテッドタイプについては同タイプが複数本ありますので割愛。[白桃、ハネデュ-メロンの柔らかなフルーツのアロマの後に蜂蜜、バニラ、レモンクリームウエハース、ニッキ飴が広がります。味わいはクリーミーなバニラアイスクリーム、蜂蜜レモン、モルティな甘さの中にウッド...

続きを読む

ペレラーダ・グラン・クラウストロ

「ペレラーダ・グラン・クラウストロ・レセルバ・ヴィンテージ2011年」ビンテージ・カヴァは初めてでしょうか、なんか瓶もゴツゴツしていて違和感がたっぷりです。葡萄の品種はピノ・ノワール43% シャルドネ43% パレリャーダ14%。そろそろこのクラスに突入でしょうか・・・・[香:グレープフルーツ、レモンやオレンジキャンディのシトラスフルーツの香と白い花のフローラルな香り。加えて瓶内熟成によるイーストや澱のアロマ...

続きを読む

シングルモルト バッチ12.42

「ザ・シングルトン グレンオード 12年」元々はオスロスク蒸留所のモルトが「シングルトン」としてうられていましたが、現在ではシングルトン名義のウイスキーは3つの蒸留所からヨーロッパ・アジア・北米と3地域に別々に輸出されています。グレン・オードはアジア向け、ダフタウンはヨーロッパ向け、グレンデュランは北米向けです。[活発でありながら柔らかく、優美に甘く滑らかで、豊かな風味。深みのあるチョコレート香やビス...

続きを読む

ポエマ

「カバ ポエマ エクストラ・ドライ 」カルディの扱いの定番カヴァ葡萄の品種はマカベオ種40%、チャレロ種30%、パレリャダ種30%。[細かい泡、緑がかった黄色で、金色の輝きがあります。柑橘系、ライム、青りんごの豊かなアロマにくわえ、桃・梅やパイなどの繊細な香りもします。第一印象はフレッシュでフルーティ。バランスがよく、アロマの純粋さがあり、生き生きとした酸と非常に心地よい後味が残る味わいです。]...

続きを読む

ルセントゥム

「ルセントゥム カヴァ ブリュット ナトゥーレ」葡萄はマカベオ、チャレーロ、バレジャーダ、ネット上で余り情報が拾えないので最近日本に入ってきた物でしょうか。「ヴァレンシア州レケナの共同組合で醸造された極上のワインから伝統的製法(瓶内二次発酵)によって造られたカヴァ。」と言う事で山梨の地ワイン的な物なのでしょうね。[オレンジや黄桃など黄色い果実の香りを感じ、爽やかな柑橘系の香りも心地よく広がります。...

続きを読む