記事一覧

山桜 55

「山桜55 YAMAZAKURA ノンチルフィルタード 55°」笹の川酒造が作っているウイスキーですが、ネット上の情報がほとんどオークションサイトで情報が入手できません。イオンリカーで入手しましたが、現在流通しているボトルではないようですね。謎だ・・・・...

続きを読む

「重畳」とはお目出たい言葉

「ハギースパーク重畳」大和葡萄酒のスパークリングワインです。暑くなってきて色々カヴァを仕入れ始めていますが、近場で手にはいるのはお馴染みの定番ばかり。そんな状況の中で日本のスパークリングの種類が増えつつあります。この大和葡萄酒も一升瓶ワインブームの時にお世話になったワイナリーですが、スパークリングの品揃えも豊富です。カヴァも下火だし(近場で手に入らない)今後は国産スパークリングの道を突き進むのかな...

続きを読む

シングルモルト バッチ17.31

「インプレッシブカスク カリラ2008 8年 59.0°」日本のボトラーズ「ウィスク・イー」のインプレッシブカスク・シリーズのカリラです。このシリーズはラベルの佇まいが大好きで、価格もリーズナブルなボトルが多く、今回は2本購入。若いカリラは旨いからなぁ!!![インプレッシブカスクは「印象的で感動を与えるウイスキー」をテーマとしたウィスク・イーのオリジナルシリーズです。 カリラ蒸溜所は1846年設立のアイラ島にあ...

続きを読む

シングルモルト バッチ17.30

「インプレッシブカスク ウィリアムソン2010 63.9°」ラフロイグの在庫を確保するためまだ手に入るウィリアムソンを購入、2本目です。お手軽価格のラフはなかなか手でこないからなぁ・・・・[インプレッシブカスクは「印象的で感動を与えるウイスキー」をテーマとしたウィスク・イーの オリジナルシリーズです。ウィリアムソン2010はアイラ島南部のある蒸溜所のシングルモルトで、ホグスヘッドの6年熟成。シングルカスク、カス...

続きを読む

シングルモルト バッチ17.29

「ダンカンテイラー オクタブ トマーティン [2009] 6年 #689878 53.9°」最近入手の機会が多い大好きなトマーティン、ただしショートエイジのオクタブは・・・危険な香りがプンプンとしますが・・・同じ熟成年で「54.8°」バージョンも存在しますので、価格も手ごろですのでそのうちに押さえることにいたしましょう。オクタブもボトルデザインが変わりましたね、ちょっと見犬の足跡の様な感じがしましたが、まあまあかな・・...

続きを読む

シングルモルト バッチ17.28

「ウィームス スパイスキング バッチストレングス001 56.0°」ウィームスのボトルと言えば、テイストの特徴を簡単なキャッチコピーとしてラベルに記載しているので有名ですが、ついにカスク・ストレングスレベルのボトルが登場致しました。しかしブレンド(バッティングのようですが)・・・・当然シングルカスクであればこのボトラーズの場合15Kは軽く越えることでしょう。加水で通して来ましたが、今後の動向は少し興味があ...

続きを読む

シングルモルト バッチ17.27

「ウィームス ハイブ バッチストレングス001 54.5°」ウィームス家はエジンバラ近郊にあるウィームス城の城主で600年以上続くエジンバラの名家、2005年にボトラーを設立し数々のシングルカスクを出していますが、加水で決してコスパがよいとは言えないので、バーで頂く程度のお付き合いでした。ブレンドは何回か購入して飲んでいますが、余り記憶に残っていません。(あっと言う間に飲み干してしまうからでしょう・・・・)...

続きを読む

シングルモルト バッチ17.26

シングルモルトではないのですが・・・・・味わいのクラス的には・・・「ウィームス ピートチムニー バッチストレングス001 57°」ウィームスは何度かバーで飲んだ記憶はあるのですが、あまり印象には残っていません。このボトラーズは長い間ワイン商を営んでいたと言うことで品質には自信があるのでしょうね。加水のシングルカスクで勝負し続けてきたのも、他のボトラーズとはボトルに対する方向性・考え方が違っていました。し...

続きを読む