記事一覧

シングルモルト バッチ12.02



「グレンスコシア・ビクトリアーナ51.5%」キャンベルタウンの生き残り蒸留所の新ボトル。前のボトルは水牛のエアブラシ・メタリックっぽいイラストのボトル(インチマリンも同じ路線?親会社が同じロッホ・ローモンドだから?)。個人的には購買意欲をそそらないボトルでしたが、短期間でトラディショナルな雰囲気に変更されました。(変更ではなくラインナップ追加か?)そしてカスクストレングス。

[香り:オーク樽がはっきりと現れ、優雅な印象。クリームブリュレの後、キャラメルコーティングのフルーツ、ツヤ出ししたオークが続きます。
味わい:始め甘く凝縮された味わいは、クロスグリのジャムを想わせる果実感がある。たっぷりと広がり、ココア等のフィニッシュで引き締まっていきます。]

キャンベルタウンの蒸留所としては「スプリングバンク」が超大所ですが、後は最近操業したスプリングバンク系列といっても良いキルケランと、歴史の長いこの蒸留所の3カ所だけ。ハイランドの「ロッホ・ローモンド蒸留所」が所有者です。昔「スコシアロイヤル」と言うグレンスコシアが入っていると思われるブレンデットを呑んだことがありましたが、印象には何も残っていません。

味の系統としてはキャンベルタウン特有の個性的な味を期待したい所ですが、さてさて。

0403_04.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント