記事一覧

シングルモルト バッチ17.61

「スノーフレーク カリラ9年 2008 59.8°」外れのないヤングカリラ、ボトルデザイン的には今一ですが、期待します。[ウィスク・イーとモリソン&マッカイのコラボによる 「スノーフレーク」シリーズ。カリラ蒸溜所はアイラ島に1846年に設立された蒸溜所。1972年に それまでの蒸溜所の建物が熟成庫を除きすべて取り壊され、 新たに蒸溜器6基を有する近代的な蒸溜所へと生まれ変わりました。 また、冷却水に海水を使用する珍しい蒸...

続きを読む

シングルモルト バッチ17.60

「UD花と動物シリーズ ブレアアソール12年 43°」初「花動」、ブレアアソールはボトラーズで飲んだ記憶がありますが、特徴は覚えていません。今回このボトルを求めた理由はズバリ「カワウソ」カワウソ好きの私にとっては何故今まで求めなかったのか・・・・・このボトルは完全にインテリアです。[ブレアアソール蒸溜所は、パースシャーの保養地として古くから知られたピトロッホリー町のはずれに位置している。蒸溜所名はアソ...

続きを読む

シングルモルト バッチ17.59

「ダルウィニー15年 43°」もの凄く久々のダルウィニー。モルトにはまった初期にかなり気に入っていた銘柄ですが、これもボトラーズものは全くと言っていいほどお目にかかることはありません。高原の自然がとけ込んだ様な厳しい自然の雰囲気を感じさせるピリリと一本筋の通ったモルトです。[やわらかいが芳香のある性質。グランピアン山脈の雪解け水と、あたり一面のヒース(ツツジ科の低木が生える野)という蒸留所の立地が、こ...

続きを読む

シングルモルト バッチ17.58

「カリラ12年 43°」久しぶりのオフィシャル「カリラ」。ラフロイグ10年とこれは我が家の定番でしたが、最近加水を求める機会が少なくしばらく遠ざかっていました。まあ、安心の1本ですので。カスクものやボトラーズを探すのが少し億劫になっていますので、オフィシャル・スタンダードも最近選択肢として浮上しています。[色:ホワイトゴールド香り:フルーティ、ピート香、スモーキー テイスト:スタートは甘く、紛れもない...

続きを読む

シングルモルト バッチ17.57

「カーデュ 12年」人生で初カーデューです。ジョニーウォーカーのキーモルトとして有名ですが、ボトラーズではほとんど見ることもなく、評判も私向きではないのでスルーしていたモルトです。[甘やかな香味とさっぱりとした飲み口の一本です。「カーデュ」とは、スペイ川中流域、マノックヒルの丘の上に建つ蒸留所で、ゲール語で「黒い岩」の意。ジョニーウォーカーのキーモルトとしてその中核を担う豊かな風味が特徴です。ライト...

続きを読む

シングルモルト バッチ17.56

「ベンリアック 2007/10年 cask#101 58.9° 61.9°」ベンリアックシングルカスクのバッチ14、1万円以下のお手頃なラインナップ、当然秒殺でしたが、何とか1本入手。経営者が変わってもこのシリーズは何とか維持されているようですね。58.9°のバージンオークを注文したはずなのに、61.9°のオロロソが送られてきましたが??すでにサイトには情報の影も形も存在しません。5種類あったはずですが、他のサイトでは4種類...

続きを読む

シングルモルト バッチ17.55

「キルホーマン サナイグ 46°」キルホーマンの「サナイグ」、マキヤーベイはバーボン樽メインのモルトでこちらはシェリー樽メインのモルトのようです。マキヤーベイと赤ラベルのカスクストレングス以外は余り飲んだことがありませんので、調整されたシェリーメインのモルトはどんな味か楽しみです。[キルホーマン サナイグは、アイラ島のピートをたっぷりと炊き込んだフェノール値50ppmの麦芽を使用した、ヘビーピーテッドタイ...

続きを読む

シングルモルト バッチ17.54

「キルホーマン マキヤーベイ 46°」定番マキヤーベイですが、グレンケアンの ブレンダーズモルトグラスが欲しくて「サナイグ」とセットで購入しました。キルホーマンのロゴ入りが2個付いています。グレンケアンは欲しかったけれども、グラスを置くスペースが・・・・・と悩んでいましたが、ロゴ入りとなれば話は別。普段はサントリーの目盛り入り(15ml30ml)を愛用していますが、それを少し片づけて置き場を確保しましょう...

続きを読む

シングルモルト バッチ17.53

「ラ メゾン ド ウイスキー ザ テン#03 クライヌリッシュ 40.1°」オフィシャルとこのメゾンが気軽にクライヌリッシュを味わえるアイテムです。これは昨年度のボトルで、もうすぐ今年のボトルも出てくるはずですね。[フランスのパリに拠点を構える世界的に有名な「ラ・メゾンド・ウイスキー社」がエントリーシリーズとしてリリースしている「ザ・テン」の最新2016年リリース品。このシリーズは2010年にファーストリリースされウ...

続きを読む

シングルモルト バッチ17.52

「デュワーラトレー トバモリー8年 2008 68.7°」デュワーラトレー社のトバモリーのシェリーバット、見たこともない度数・・・もう少しで70°だ。ミンティな爽やかさが大好きで、ピィーティータイプのレダイグにもトバモリーの陰を求めていますが、どちらもサッパリとした酒質が大好きです。さすがは島。[香りは若いポートワイン、ストロベリー、若く甘いモルト、ボディはアタックは強烈でホット!チョコレート&ポートワイン、焼...

続きを読む

シングルモルト バッチ17.51

「ボウモア9年 40°」最初は殺到して入手できなかったボウモアシェリーカスク、並行品ながら最近は気軽に手に入ります。レギュラー商品になるにはサントリーの正規品が出てこなければならないのですが、どうなんでしょうか。日本の代理店(違うか・・・)は冒険しないし、面白い商品を出す気がない。レビュー:12年とは比べものにならない個性が感じられます。12年よりもまとまっていない、シェリーが強調されていてバランスは...

続きを読む

シングルモルト バッチ17.50

「クライヌリッシュ14年 46°」久々のオフィシャル14年、最近美味しくなったという評判なので購入しました。と言うか、値頃感のあるボトラーズが出てこない蒸留所なので、オフィシャルかメゾンで欲求を満たそうと思っています。癖があり好き嫌いの分かれる蒸留所、私もモルトを飲み始めは全然理解できませんでした。今はすっかりはまっています。レビュー:以前に比べると凄く美味しくなっています!! なんだこれは、クライヌ...

続きを読む

シングルモルト バッチ17.49

「キルホーマン 2011 シェリーバット 58.8°」赤いラベルでほとんど区別が付かないキルホーマンのカスクストレングスの中では、このボトルは珍しく樽の写真が配されています。買いのがしていた物を購入。キルホーマンは未開封ボトルが4本、今回ので5本となりますが、場所を取る、瓶が重たい・・・等々不都合な点もありますが、人気も限定的であり売れ残っていますので有り難い存在です。[キルホーマン2011 シェリーバットはアイ...

続きを読む

シングルモルト バッチ17.48

「シングルモルト駒ケ岳 ネイチャーオブ信州 信濃蒲公英 52°」本坊酒造のネイチャーオブ信州の第3弾。秒殺が常の日本産シングルカスクにしては入手しやすいシリーズです。それにしても日本の蒸留所の所有している樽に余裕が出てくるのは何時のことでしょうか・・・限定品が多すぎるし、売っている事実さえ入手できない。[“シングルモルト駒ヶ岳 ネイチャーオブ信州”は、若く躍動感のあるモルト原酒を主体に、信州の恵みに感謝...

続きを読む

アイリッシュのフォーク・ロック・バンドだそうで・・

「ザ・ポーグス アイリッシュ 40°」見たことのないアイリッシュウィスキーがあったので衝動買い。「ザ・ポーグス」と言う言葉の意味を理解していたら買っていませんでした。アイリッシュにも色々と蒸留所ができているのかな?と思っていましたが、最近お気に入りの「ウェストコーク」のウィスキーでした。「ウェストコーク」もハイプルーフ・ブレンドや10年バーボン・カスクストレングスよりも、加水の10年シングルモルトが...

続きを読む

シングルモルト バッチ17.00

通過ボトルです。ウィスキー初心者の餞別に何が良いかと「やまや」に出向きました。「華やかなスペイサイドかハイランド、それと強烈なアイラのセット」と言う選択で、リアックかドロナック、とアイラは何にしようかと悩んでいましたが、リアックもドロナックもなくベンロマック10年の旧ボトルとアードベックにしました。ベンロマックも新ボトルになって味が向上したようですが、旧ボトルでも問題はないでしょう。アイラはラフを...

続きを読む

シングルモルト バッチ17.47

「ピーツビースト PXシェリーフィニッシュ 54.1°」ピーツビーストにシェリー樽フィニッシュが登場したので今回の購入となりましたが、よく考えるとアイラのシェリー系は危険。キルホーマンの様に融合か対決かはっきり分かれている場合は楽しめますが、けっこうグズグズの場合が多い様に思います。[ピーツビーストは、芳醇でピーティーな蒸留所不明のシングル・モルト。フェノール値が35ppmの麦芽を原料に、フルボディの...

続きを読む

シングルモルト バッチ17.46

「ピーツビースト カスクストレングス 52.1°」フィラガンやアイリークより若干高めのお値打ち蒸留所不明アイラ「ピーツビースト」。焦げたラベルで有名なボトルですが、お初です。中味は??? カリラかラガブーリンなのでしょうが不明です。度数的にはラフではないようですので、カリラであれば大変有り難い。意表をついて「レダイグ」と言う手もありますが・・・・・コミックアートの「レダイグ」・・・「誰があんなラベルの...

続きを読む

シングルモルト バッチ17.45

「アラン ソーテルヌカスク 50°」アランも3回目のスマグラーを買いのがし、ネタが尽きてきましたのでカスクフィニッシュ物に手を出します。前回のマデラに続いて人気のソーテルヌです。以前はこのシリーズにもカスクストレングス物がありましたが、現在の50°と言うのは何を意味するのでしょうか?[アラン ワインカスクはトラディショナルオーク樽で8年熟成後、各ワインの空き樽で追加熟成を行いました。30年以上に渡りウイス...

続きを読む

元祖 オークマスター

「樽薫る辛口ウィスキー オークマスター 37°」メルシャンから発売されていた安旨ウィスキー「オークマスター」、以前にも廃屋ブログの方で紹介した終売酒屋、その後1度訪れてほとんどめぼしい物が無く、「座」を1本求めた程度。久々にのぞいてみたら、グラス付きのオークマスターががぞろぞろと陳列してありました。以前のヤツはサンプルボトルが付いていましたが、それは無し。価格も元々800円程度の物でしたが、130...

続きを読む